メニュー

宅配ミルク森永乳業の宅配サービス

森永 絹とうふ とは森永 絹とうふ とは

大豆を砕いて皮を取り除き、
実の部分だけを使用して作る
こだわりの
「挽き搾り製法」で
雑味のない濃厚な
大豆本来の味わいが楽しめる!
日本初長期常温保存可能なとうふです。

※2019年5月 「森永とうふ」シリーズとして 森永乳業調べ(調査協力:株式会社ドゥ・ハウス)

濃厚な大豆本来の
うま味となめらかな食感!
冷奴におすすめの逸品です。

しっかりとした硬さで
崩れにくいのでお料理にも!
絹とうふ本来のなめらかな
食感と風味も楽しめます。

保存方法/常温を超えない温度で保存してください。
アレルゲン(表示推奨品目含む)/大豆
森永 絹とうふ 原材料/丸大豆(アメリカ、カナダ)(遺伝子組換えでない)/凝固剤
森永 絹とうふしっかり 原材料/丸大豆(アメリカ、カナダ)(遺伝子組換えでない)、大豆たんぱく質/凝固剤

各1ケース12丁入り

希望小売価格 1,740円(税抜)

(税込1,879円)

森永 絹とうふヒストリー

  • 1977年
    牛乳で培った無菌包装技術を応用し、保存料を使用せず長期保存可能な豆腐の開発に成功
  • 1978年
    科学技術庁長官賞を受賞「容器入り無菌豆腐製造法の研究(ロングライフ豆腐)」
  • 1989年
    「森永絹ごしとうふ」を宅配限定商品として発売
  • 2011年
    当社独自の支援として、東日本大震災の被災地へ森永絹ごしとうふ2,400丁を提供。
  • 2015年
    お中元や日頃の贈り物として愛されている点を評価いただき、日本ギフト大賞 2015 和食ギフト普及賞を受賞
  • 2016年
    〜日本一旨い豆腐を決める〜第2回全国豆腐品評会 関東地区予選会 充填豆腐部門 銅賞を受賞
  • 2017年
    絹ごしとうふなのに、しっかり食感で崩れにくい「お料理向き 森永とうふ」を発売し、2品のラインナップに。
  • 2018年
    第5回食品産業もったいない大賞 審査委員会委員長賞を受賞 「長期保存可能な豆腐の開発及びおからの飼料化」
  • 2019年
    食品衛生法の改定を受け、日本初※「常温」保存可能なとうふとしてリニューアル発売
    ※2019年5月 「森永とうふ」シリーズとして 森永乳業調べ(調査協力:株式会社ドゥ・ハウス)
  • 2020年
    内閣官房 国土強靭化推進室が発行する「国土強靭化 民間の取り組み事例集」に選定、掲載。
    災害時でも活用できるレシピの発信やローリングストック啓発の取組を評価いただきました)
  • 2020年9月
    こだわりの「挽き搾り製法」を導入し、より美味しくリニューアル!

環境対策!おから飼料が出来るまで
〜おからを牛の飼料として活用〜

とうふは、大豆をすり潰して豆乳とおからに分離させた後、その豆乳だけをにがりで固めて作ります。
おからはとうふの製造には使われません。
森永乳業では、このおからに乳酸菌を混ぜて乳酸発酵させ、牛の飼料として活用しています。
森永乳業の関係会社を通じてこの飼料を酪農家に販売し、食品廃棄物の発生を抑制しています。
森永とうふは、地球にやさしいとうふなのです。