メニュー

宅配ミルクトップページへ戻る

ヘルシーでおいしく!おとうふレシピ

おかげさまで年間販売数約1000万丁! 健康・美容に大活躍の「森永とうふ」のおいしさを引き出す、おすすめレシピをご紹介します。和食、洋食からデザートまで、手間いらずのカンタンレシピ集です。

新着レシピ♪

旬のキーワード
暑い夏におすすめの
火を使わない
簡単レシピ♪
  • お料理向き 森永とうふにおすすめ
  • 森永絹ごしとうふにおすすめ
  • ヘルシーおかず・丼物
  • 手軽に冷やっこ
  • おすすめ 鍋物・スープ
  • しあわせデザート
  • おもてなしサラダ・やっこ
  • 感動!ふわふわアレンジ

ヘルシーおかず・丼物 先頭へ戻る

とうふと豚肉の簡単さっぱり蒸し新着♪

電子レンジだけで作れる、暑い夏におすすめの一品です。とうふと豚肉で満足できるボリュームですが、ぽん酢の酸味と大葉やしょうがの香味でさっぱりとした仕上がりです。「お料理向き森永とうふ」は固くて崩れにくいので、切ったり加熱する調理におすすめです。

調理目安時間10分474kcal(とうふ1丁分)

材料(とうふ1丁分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 100g
ぽん酢しょうゆ 50ml
大葉のせん切り 2枚分
しょうがのすりおろし 適量

作り方

  1. とうふは幅2cmに切り、豚肉は一口大に切ります。
  2. (1)を耐熱性の皿にのせ、ぽん酢をかけてふんわりとラップをします。電子レンジで約3分加熱します。
  3. 器に(2)を盛り付け、大葉としょうがをのせて仕上げます。

※電子レンジの加熱時間は500ワットを基準としています。
   加熱時間は機種によって異なり、あくまでも目安ですので様子をみながら加熱してください。

豆腐チャンプルー先頭へ

とうふたっぷりの「ゴーヤチャンプルー」です。豚肉を使わなくても満足感のある味わいです。「お料理向き 森永とうふ」は水切りしなくてよいので準備の手間がかかりません。固くて崩れにくく炒めても形が残るので、具材としての存在感が出ます。

調理目安時間15分192kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
ゴーヤ 1/2本
1個
めんつゆ 三倍濃縮 大さじ1
サラダ油 適量
かつお節 適量

作り方

  1. とうふは縦半分に切り、幅1cmに切ります。
  2. ゴーヤは種とわたを取り除き、薄切りにします。塩(分量外)をかけてしんなりさせ、水にさらして水気を切ります。
  3. フライパンにサラダ油を熱してとうふを入れ、両面に焼き色が付くまで焼いて取り出します。そのままのフライパンにゴーヤを加えて炒め、とうふを戻します。めんつゆと溶いた卵を順に加えてその都度混せ合わせます。
  4. 器に(3)を盛り付け、かつお節をかけて仕上げます。

豆腐ステーキ プチトマトのせ先頭へ

甘辛い味付けのとうふにプチトマトの酸味がアクセントになった、豆腐ステーキです。「お料理向き 森永とうふ」は水切りしなくてよいので準備の手間がかかりません。固くて崩れにくいので、焼いたり、炒めたりと料理の幅が広がります。

調理目安時間15分196kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
プチトマト 8個
薄力粉 適量
サラダ油 適量
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1

作り方

  1. とうふは厚さを半分にして細長く4等分に切り、薄力粉をまぶします。プチトマトは4等分に切ります。
  2. フライパンにサラダ油を熱して(1)の豆腐を入れ、こんがりと焼きます。とうふを端に寄せ、プチトマトを加えて軽く炒めます。フライパンを火からおろしてしょうゆとみりんを加えて全体を混ぜ合わせ、フライパンを火にかけてからめます。
  3. 器にとうふを盛り付け、プチトマトをのせて仕上げます。

ワンポイントアドバイス

調味料を加える時、フライパンが熱くなりすぎていると水分の蒸発が早く、焦げの原因になります。必ず火からおろしてから調味料を加えてください。

森永とうふとまいたけの炊き込みご飯先頭へ

豆腐と秋の味覚のまいたけを一緒に炊き込んだ、炊き込みご飯です。香り豊かなまいたけと豆腐の優しい味わいをお楽しみください。

調理目安時間15分 ※炊飯する時間は除く338kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1/2丁
まいたけ 1/2パック
にんじん 1/4本
1合
しょうゆ 大さじ1と1/2
小さじ2
だしの素 小さじ1/2
180ml

作り方

  1. 米は炊く30分前にとぎ、ざるに上げて水気を切っておきます。とうふはペーパーで水気をふき取り、適度な大きさに崩します。まいたけは小房に分け、にんじんは細切りにします。
  2. 炊飯器の内釜に米、しょうゆ、酒、だしの素、水を入れてよく混ぜ合わせ、とうふ、まいたけ、にんじんをのせて普通の炊飯の要領で炊きます。

とうふとかぶのミルク茶碗蒸し先頭へ

ダシを使わず、牛乳のコクをいかした旨みのある茶碗蒸しです。とうふとかぶの茶碗蒸しは消化が良く、生姜風味で身体が温まるので、夜食に食べるのもおすすめです。

調理目安時間30分153kcal

材料(3人(約300mlの器3個)分)

お料理向き 森永とうふ 1/3丁
かにかまぼこ 3本
かぶ 1/2個
かぶの葉 1/2個分
三つ葉 適量
卵液  
森永のおいしい牛乳 300ml
溶き卵 2個分
めんつゆ 三倍濃縮 大さじ1
しょうがの絞り汁 小さじ2

作り方

  1. とうふは1cm角に切り、かにかまぼこは半分の長さにしてほぐします。かぶは幅5mmのいちょう切りにし、かぶの葉はみじん切りにします。
  2. 卵液は全材料を混ぜ合わせ、ざるでこします。
  3. 耐熱性の器に(1)を入れ分け、(2)を注ぎます。
  4. 深さのある鍋に(3)の器にかぶらない程度の湯を沸かします。蒸気が上がったら(3)を入れ、布巾でくるんだふたをして強火で2分加熱し、さらに弱火にして竹串を刺して澄んだ汁が出るまで約13分加熱します。
  5. 蒸し上がったら三つ葉を添えます。

ワンポイントアドバイス

竹ぐしを刺して澄んだ汁が出てくれば蒸し上がりです。

とろりとうふの豚丼〜北海道帯広ご当地丼〜先頭へ

帯広名物の豚丼は、甘辛いタレで焼いた豚肉をごはんの上にたっぷりのせるのが特長。甘辛いタレと肉汁が染みこんだ、森永とうふが絶品です。

調理目安時間10分587kcal

材料(2人分)

1合
豚もも薄切り肉 200g
お料理向き 森永とうふ 1丁
グリンピース(冷凍) 30g
片栗粉 大さじ2
A  
めんつゆ(ストレート) 150ml
砂糖 大さじ1
赤唐辛子 2本

作り方

  1. 赤唐辛子は半分に切って種を除きます。
  2. 豚肉は表面の水分をふき、片栗粉をまぶしておきます。
  3. フライパンにAを合わせ、煮立ったら(2)を加えて煮ます。
  4. 全体にとろみがついてきたら、とうふをスプーンで大きめにすくいながら加えて、グリンピースも加えてひと煮します。
  5. 丼にごはんと(4)を盛ります。

ゴロゴロとうふのはらこ飯〜宮城ご当地丼〜先頭へ

はらこ飯は、ごはんの上に鮭の身とはらこ(いくら)をのせる宮城県亘理町に伝わる郷土料理です。とうふと一緒に食べることで、まろやかな味わいになります。

調理目安時間15分580kcal

材料(3人分)

1.5合
お料理向き 森永とうふ 1丁
鮭(甘塩) 3切れ
いくら 100g
ねぎ 適量
しょうゆ 少量

作り方

  1. 鮭は焼き、皮と骨を除きほぐしておきます。
  2. とうふは1.5cm角に切ります。
  3. 丼にごはん、(1)、(2)、いくらの順にのせてねぎを散らします。
  4. お好みでとうふにほんの少量しょうゆをかけ、混ぜながらいただきます。

とうふのソースカツ丼〜福島ご当地丼〜先頭へ

会津のソースカツ丼は、ごはんの上にたっぷりキャベツを敷き、揚げたてのカツをソースで絡めます。森永とうふを使ったとうふカツなら、ボリューム満点なのにヘルシー。

調理目安時間20分734kcal

材料(3人分)

1.5合
お料理向き 森永とうふ 1丁
豚バラ薄切り肉 200g
白こしょう 少量
小麦粉 大さじ5
牛乳 大さじ5
パン粉 適量
サラダ油 適量
キャベツの千切り 適量
豚カツソース 少量
練りがらし 少量

作り方

  1. とうふは6等分にします。まわりにこしょうをした豚肉でとうふを巻きます。小麦粉と牛乳を合わせておいた衣にくぐらせパン粉をしっかりつけ、170度の油でこんがり揚げます。
  2. 丼にごはん、キャベツを盛り、(1)を1個を3等分に切ってのせます。ソースをかけ、練りがらしを添えます。

とうふと牛肉の温たまらん丼〜鹿児島ご当地丼〜先頭へ

温たまらん丼は、温泉卵を使った指宿のB級グルメです。牛肉の旨味と温泉卵がとうふと絡む、やみつきになる味です。

調理目安時間10分514kcal

材料(3人分)

1.5合
牛肉の煮物(缶) 2缶(150g)
だし汁 200ml
ねぎ 3本
お料理向き 森永とうふ 1丁
片栗粉 大さじ1
温泉卵 3個
白ごま 少量

作り方

  1. 鍋に牛肉を缶汁ごとすべて加えます。だし汁を加えて煮立ったら、長さ5cmに切ったねぎを加えて煮ます。12等分に切ったとうふに片栗粉をまぶして加えて、とろみがつくまで煮ます。
  2. 丼にごはん、(1)、温泉卵を盛り、ごまをかけます。

ワンポイントアドバイス

味が薄い時は、しょうゆ、七味唐辛子をかけてください。

とうふとひき肉のスパイスグリル先頭へ

パプリカを器にして華やかさを演出した料理は見た目にも楽しめます。とうふを混ぜることでふっくらジューシーになった味わいに、ブラックオリーブ、ケッパーの香りがアクセントになってワインとも相性抜群です。

調理目安時間30分537kcal(パプリカ1個分)

材料(パプリカ2個分)

 
お料理向き 森永とうふ 1/2丁
合いびき肉 100g
玉ねぎ 1/4個
ブラックオリーブ(種なし) 10個
ケッパー 大さじ1
にんにく 1片
少々
ブラックペッパー 少々
パプリカ(赤ピーマン) 2個
薄力粉 適量
クラフト100%パルメザンチーズ 大さじ2
パセリ(乾燥) 適量

作り方

  1. とうふはペーパータオルで水気をふき取ります。
  2. パプリカは縦半分に切って種を取ります。玉ねぎ、ブラックオリーブ、ケッパー、にんにくは各々みじん切りにします。
  3. 具を作ります。ボールに具の全材料を入れて粘りが出るまで混ぜ合わせます。
  4. パプリカの内側に薄力粉をふって(3)を詰め、その上にパルメザンチーズをふり、パセリを散らします。200℃に温めたオーブンで約15分、中に火が通るまで焼きます。

ゴーヤチャンプルー ツナチーズ先頭へ

ゴーヤを使った定番メニューにチーズをプラスしました。余熱で溶ける細切りチーズは炒め物の仕上げに最適です。

調理目安時間15分174kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
ツナ(缶詰) 1缶(80g)
ゴーヤ 1本
少々
こしょう 少々
しょうゆ 少々
ごま油 適量
クラフト細切りチーズ 60g

作り方

  1. とうふは縦半分に切って幅約7ミリに切ります。ツナは汁気を切ります。
  2. ゴーヤは縦半分に切って種とわたを取り除き、薄切りにします。塩をかけてしんなりさせ、水にさらして水気を切ります。
  3. フライパンにごま油を熱してとうふの両面を焼き、皿に取り出します。フライパンにごま油を足してゴーヤとツナを炒め、とうふを戻してさらに炒め、塩、こしょう、しょうゆで味つけします。
  4. 火を止めて、半量のチーズ(30グラム)を加えて混ぜ合わせます。
  5. 器に(3)を盛り付け、残りのチーズ(30グラム)をかけます。

ワンポイントアドバイス

ゴーヤは塩もみをして水にさらすと、苦味が抜けて食べやすくなります。

とうふとミルクの中華あんかけ先頭へ

中華あんかけの主役はやっぱりとうふ! ご飯がすすむメニューです。

調理目安時間25分146kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
干ししいたけ 2枚
ゆでたけのこ 70g
長ねぎ 1/2本
さやえんどう 20g
ごま油 大さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
100ml
オイスターソース 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
森永のおいしい牛乳 100ml
水溶き片栗粉 適量
少々
こしょう 少々

作り方

  1. とうふは一口大に切ります。
  2. 干ししいたけは水で戻し、細切りにします。たけのこは短冊切りにし、長ねぎは斜め薄切り、さやえんどうは斜め半分に切ります。
  3. 中華鍋を熱してごま油を入れ、(2)を加えて強火でさっと炒めます。
  4. (3)に鶏がらスープの素、水、オイスターソース、しょうゆ、(1)のとうふを入れて煮込みます。汁気が少なくなってきたら牛乳を加えます。
  5. ひと煮立ちしたら塩、こしょうで味をととのえて、水溶き片栗粉でとろみを付けます。

ワンポイントアドバイス

水溶き片栗粉は、片栗粉:水=1:2で溶いています。とろみの様子を見ながら量を加減してください。

手軽に冷やっこ 先頭へ戻る

たくあんのせ冷やっこ先頭へ

長期保存が出来る「森永絹ごしとうふ」と冷蔵庫にありそうな食材を合わせた、お手軽冷やっこです。もう1品欲しい時におすすめのメニューです。

調理目安時間10分156kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
たくあん 50g
小ねぎの小口切り 適量
ドレッシング  
ぽん酢しょうゆ 大さじ1
サラダ油 小さじ2

作り方

  1. とうふは半分に切り、たくあんはせん切りにします。
  2. ドレッシングは全材料を混ぜ合わせます。
  3. 器にとうふを盛り付けてたくあんと小ねぎをのせ、ドレッシングをかけて仕上げます。

温泉卵のせ焼肉風味冷やっこ新着♪先頭へ

なめらかな食感の「森永絹ごしとうふ」と温泉卵を組み合わせた、とろりとした食感が楽しめる冷やっこです。甘辛い焼肉のたれでいただく、いつもと一味違うボリュームのある一品です。

調理目安時間5分194kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
小ねぎの小口切り 2本分
温泉卵 2個
焼肉のたれ 大さじ1と1/2

作り方

  1. とうふは半分に切ります。
  2. 器にとうふを盛り付けて小ねぎと温泉卵をのせ、焼肉のたれをかけて仕上げます。

ねぎ塩昆布やっこ先頭へ

塩昆布の旨味とごま油の香りがとうふとマッチ。暑い夏も食欲がアップする一品です。

調理目安時間3分138kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
塩昆布 適量(2g)
細ねぎ 3本
ごま油 小さじ2〜

作り方

  1. とうふを4等分に切り分け、細ねぎは小口切りにします。
  2. とうふの上に塩昆布とねぎを盛り、ごま油をかけます。

トマトと青じそのイタリアンやっこ先頭へ

やさしい甘さがとうふとなじみさっぱり爽やか。見た目も夏らしい冷やっこです。

調理目安時間3分176kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
トマト 1個
青じそ 4枚
A  
粗塩 少量(0.5g)
粗挽きこしょう 少量(0.2g)
オリーブオイル 大さじ1
すし酢 小さじ2

作り方

  1. とうふは4等分に、トマトは1cm角に切ります。青じそは適当な大きさに手でちぎります。
  2. とうふ、トマト、青じそを盛り合わせ、Aを順番にかけます。

ワンポイントアドバイス

すし酢はレモン汁またはぽん酢しょうゆでも美味しくいただけます。

梅タルタルやっこ先頭へ

洋風と和風が合わさった新感覚の冷やっこです。

調理目安時間5分164kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
タルタルソース 大さじ2
梅干し 1個
オクラ 3本

作り方

  1. とうふを3〜4等分に切ります。
  2. タルタルソース、叩いた梅、ゆでて輪切りにしたオクラを混ぜ合わせてとうふの上に盛る。

ワンポイントアドバイス

レモン汁、かつお節をかけても美味しいです。

梅干のさっぱり冷やっこ先頭へ

夏の疲れが気になる方におすすめ!梅干のクエン酸で代謝アップ。毎日でも食べたい、夏らしい定番やっこです。

調理目安時間3分102kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
梅干 2粒
ねぎ 適量
かつお節 適量
白煎りごま 適量
だししょうゆ(市販品) 少量

作り方

  1. とうふは半分に切り、梅干、刻んだねぎ、かつお節、ごまを盛ります。
  2. だししょうゆをかけます。

ワンポイントアドバイス

お好みでお皿に青じそを敷くと、見た目も味もグレードアップします。

カルダス氷のひんやりやっこ先頭へ

熱中症が気になる方におすすめ!とうふとカルダスでアミノ酸をダブルチャージ。カルダス氷が溶けたマイルドなポン酢でいただく爽やかなメニューです。

調理目安時間5分 ※氷を冷凍する時間は除く。133kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
森永カルダス 1/2本(90ml)
しょうが・みょうが・トマト 適量
青じそ 4枚
ポン酢 少量

作り方

  1. カルダスを製氷皿に注ぎ、冷凍します。
  2. とうふを半分に切り、青じそをしいたお皿に盛ります。
  3. 細くせん切りにしたしょうがと小口切にしたみょうが、くし型に切ったトマトを盛り、(1)の氷をまわりに添えます。
  4. ポン酢をかけます。

ワンポイントアドバイス

カルダス氷が余ったら、アイスコーヒーにうかべてみてください。おしゃれなカフェオレに大変身しますよ。

グレープフルーツと水菜のサラダやっこ先頭へ

紫外線が気になる方におすすめ。グレープフルーツでビタミンCをたっぷり補給できます。森永絹ごしとうふのコクとグレープフルーツの爽やかさが相性抜群。

調理目安時間5分155kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
グレープフルーツ 1/2個
水菜 適量
グレープフルーツ果汁 大さじ1
フレンチドレッシング(市販品) 大さじ1
ピンクペッパー(またはブラックペッパー) 適量

作り方

  1. とうふは6等分にスライスします。
  2. グレープフルーツは一部くし型に切って果汁を絞り、フレンチドレッシングと合わせます。残りはすべて房からはずします。水菜は長さ3cmに切ります。
  3. とうふ、グレープフルーツ、水菜を盛り、ピンクペッパー(又はブラックペッパー)をトッピングし、ドレッシングをかけます。

ワンポイントアドバイス

グレープフルーツ以外には、パイナップル(缶詰)でもおいしいです。ドレッシングには、100%グレープフルーツジュースを果汁の代わりに使っても良いです。アクセントに刻んだナッツをふりかけても◎。

キムチときゅうりのコクうまやっこ先頭へ

夏太りが気になる方におすすめ。キムチのカプサイシンで脂肪対策。お箸が進む一品なのに、ノンオイルで低カロリーだから嬉しい。

調理目安時間5分111kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
キムチ 適量
きゅうり 1/2本
刻みのり 少量
レモン 適量

作り方

  1. とうふは6等分のやっこ状に切ります。キムチは刻んでおきます。
  2. きゅうりは叩いて、長さ3cmの棒状に切ります。
  3. (1)、(2)を盛り、のりをかけ、レモンの輪切りを添えます。

ワンポイントアドバイス

きゅうりは包丁で切るよりも、叩いた方がとうふとキムチの味が絡んでおいしくいただけます。

しょうゆ麹のあんかけ冷奴先頭へ

森永絹ごしとうふにしょうゆ麹で作るコクのあるあんをかけた、揚げだしとうふのような味わいが楽しめる一品です。とろりとしたあんでとうふが食べやすく、ご年配の方にもおすすめのメニューです。

調理目安時間10分96kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
しょうゆ麹あん  
しょうゆ麹 大さじ2
100ml
片栗粉 小さじ2
小ねぎの小口切り 適量

作り方

  1. 鍋にしょうゆ麹、水、片栗粉を入れて火にかけます。木べらで絶えずかき混ぜながら中火で約3分、とろみが付くまで加熱し、あら熱をとります。
  2. 器にとうふを盛り付けて(1)をかけ、小ねぎを散らします。

紫たまねぎやっこ先頭へ

色合いが美しく食欲そそるやっこです。ちょっとしたおもてなし料理にぴったりです。

調理目安時間5分91kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
紫たまねぎ 1/4個
ウズラの卵 3個
小口ねぎ 適量

作り方

  1. とうふを3等分に切り分けます。
  2. 千切りにした紫たまねぎとにウズラの卵を盛り付けます。
  3. 最後に小口ねぎで飾り付けます。

ワンポイントアドバイス

たまねぎの辛みが気になる場合は、水の中で切ったたまねぎを30秒くらい揉んで、ザルにあけて水をよく切ってください。

アボカド&トマトやっこ先頭へ

アボカドとトマトの相性抜群! サラダ感覚で味わえるやっこです。

調理目安時間5分88kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
アボカド 1/4個
ミニトマト 3個
レモン(レモン汁) 適量
黒こしょう 適量

作り方

  1. とうふを3等分に切り分けます。
  2. アボカド、トマトを輪切りにして盛り付けます。
  3. 最後にレモン(レモン汁)、黒こしょうをかけます。

ワンポイントアドバイス

お好みのサラダドレッシングをかけるとよりおいしくなります。レモン汁をアボカドにかけると変色防止にもなります。

食べるラー油冷やっこ先頭へ

食べるラー油がピリ辛アクセントに★いつものやっこがおいしく変身!

調理目安時間5分98kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
食べるラー油 お好み
ウズラの卵 3個
タカのつめ お好み
あさつき お好み

作り方

  1. とうふを3等分に切り分けます。
  2. とうふに食べるラー油とウズラの卵を盛り付けます。
  3. 最後にタカのつめ、あさつきで飾ります。

ワンポイントアドバイス

ウズラの卵がとうふの上にうまくのらない場合は、とうふに小さなくぼみをつけると、たまごが安定してのります。

塩麹漬けとうふ先頭へ

厳選丸大豆を使用した森永とうふの塩麹漬けです。しょうゆなしでいただけるほど、塩味がしっかりと入り、まったりとうまみの凝縮したとうふをお楽しみください。保存の効くとうふなので、思い立った時にすぐに作れるのもうれしいポイントです。

調理目安時間10分89kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
塩麹 50g
小ねぎ 2本
みょうが 1/4個
大葉 3枚

作り方

  1. とうふは充分に水切りし、ペーパータオルで水気をふき取ります。
  2. ラップに塩麹を薄く広げ、(1)のとうふをのせて包みます。皿等にのせて冷蔵庫で5〜6時間漬け込みます。
  3. 小ねぎは小口切り、みょうがはせん切りにします。(2)のとうふのまわりについた塩麹を取り、3等分に切ります。
  4. 器に大葉を敷き、とうふを盛り付け、小ねぎとみょうがを飾ります。

鍋物・スープ 先頭へ戻る

ミルクたっぷり石狩鍋〜北海道ご当地鍋〜先頭へ

『石狩鍋』は北海道のご当地鍋です。牛乳と味噌で作るコクのあるまろやかな鍋つゆが、具材の旨みを引き立てています。濃厚で旨みが詰まった味わい深い鍋は、身体の芯からほっこりあたたまるので、寒い冬におすすめの一品です。森永とうふは煮崩れしにくいのでお鍋にもおすすめです。

調理目安時間30分549kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
森永のおいしい牛乳 400ml
森永北海道バター 30g
生鮭 3切れ
じゃがいも 2個
にんじん 1本
キャベツ 1/4個
玉ねぎ 1個
しいたけ 4枚
だし汁 500ml
みそ 大さじ4

作り方

  1. とうふは8等分、鮭とじゃがいもは一口大に切ります。にんじんは乱切り、キャベツはざく切り、玉ねぎはくし型切り、しいたけはそぎ切りにします。
  2. 鍋にだし汁入れて弱火にかけ、じゃがいもとにんじんを煮ます。にんじんに火が通ったら、残りの(1)の具材を入れて煮込みます。
  3. みそをだし汁で溶きのばしながら鍋に加え、牛乳、バターを加えてひと煮立ちさせます。

パルメたっぷりきりたんぽ鍋〜秋田ご当地鍋〜先頭へ

『きりたんぽ鍋』は秋田で昔から親しまれているご当地鍋です。パルメザンチーズをたっぷり加えてアレンジしているので、パルメザンの芳醇な風味と濃厚なコクがプラスされ、深みのある味わいを堪能できます。森永とうふは煮崩れしにくいのでお鍋にもおすすめです。

調理目安時間40分548kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
クラフト100%パルメザンチーズ 大さじ5
市販のきりたんぽ 3本
鶏もも肉 300g
長ねぎ 1本
ごぼう 1本
まいたけ 1パック
せり 1束
煮汁  
800ml
鶏がらスープの素 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
大さじ1

作り方

  1. とうふは8等分、きりたんぽは斜め半分に切ります。鶏肉は一口大、長ねぎとごぼうは斜め薄切り、せりはざく切りにします。まいたけは小房に分けます。
  2. 鍋に煮汁の全材料を入れて火にかけます。煮立ったら、せり以外の(1)の具材を入れて弱火で煮込みます。具材に火が通ったら火を止め、せりをのせてパルメザンチーズをかけます。

とうふたっぷりレモン鍋〜広島ご当地鍋〜先頭へ

『レモン鍋』は広島のご当地鍋です。レモンのさわやかな酸味が後を引く美味しさです。とうふと柑橘系の酸味は相性抜群♪森永とうふは煮崩れしにくいのでお鍋にもおすすめです。

調理目安時間40分329kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
豚バラ薄切り肉 100g
レモン 2個
白菜 1/4株
長ねぎ 1本
しいたけ 4枚
えのき 1株
大根おろし 300g
煮汁  
だし汁 800ml
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
大さじ1
小さじ1

作り方

  1. とうふは8等分、豚肉は一口大に切ります。白菜はざく切り、長ねぎは斜め薄切り、しいたけはそぎ切り、えのきはほぐします。
  2. レモンは1個は薄くスライスし、もう1個はしぼり汁にします。
  3. 鍋に煮汁の全材料を入れて煮立たせ、(1)を加えて煮込みます。火が通ったら火を止め、レモンのしぼり汁を加えて大根おろしとレモンをのせます。

ワンポイントアドバイス

レモンのスライスは長時間入れておくとスープが苦くなってしまうので、食べる直前に加えてください。

森永とうふのもつ鍋〜福岡ご当地鍋〜先頭へ

博多の郷土料理「もつ鍋」にとうふをたっぷり入れた、ボリューム満点の鍋料理です。森永とうふは煮崩れしにくいのでお鍋の具材におすすめです。

調理目安時間30分322kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
白もつ 300g
キャベツ 1/4個
にら 2束
大豆もやし 100g
にんにくの薄切り 1片分
赤唐辛子の小口切り 1本分
煮汁  
スープ(鶏がらスープの素を湯で溶いたもの) 500ml
だし汁 300ml
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2

作り方

  1. とうふは食べやすい大きさに切り、キャベツはざく切り、にらは長さ5cmに切ります。
  2. 白もつは酒(分量外)を加えた熱湯で4〜5分下ゆでします。
  3. 鍋に煮汁の全材料を入れて煮立たせ、(1)、(2)、大豆もやし、にんにく、赤唐辛子を加え、火が通るまで弱火で煮込みます。

とうふの豆乳鍋先頭へ

最近女性に人気の豆乳鍋に、とろりととろけるまろやかな森永とうふをプラス。とうふと豆乳のダブルのコクとクリーミーで濃厚な味わいをお楽しみください。

調理目安時間30分348kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
豚ひき肉 100g
車麩 20g
にんじん 1/2本
小松菜 1/3束
調製豆乳 800g
昆布だし 10g
少々

作り方

  1. ボールにひき肉と塩を入れてよく練り、肉団子を作ってゆでておきます。
  2. 車麩はパッケージの方法にしたがって戻し、4等分に切ります。
  3. とうふは6等分、にんじんは短冊、小松菜は長さ4cmに切ります。
  4. 鍋に豆乳、昆布だし、にんじんを入れて中火にかけます。温まったら(1)、(2)、とうふ、小松菜を加え、さっと火を通します。

ワンポイントアドバイス

豆乳は強火で加熱すると吹きこぼれるので注意しましょう。車麩は、直径8.5cmのもので約2つ分です。

とうふのみぞれ鍋先頭へ

大根おろしを加えたお鍋は、その見た目から「みぞれ鍋」と呼ばれ、さっぱり感が人気のお鍋です。大根おろしがたっぷり入った優しい味わいのスープと、大豆の味を生かしたクリーミーな森永とうふとの相性は抜群。別名「雪見鍋」とも呼ばれるこの鍋は、大根が甘味を増す冬こそ美味しくいただけます。

調理目安時間25分163kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
まだら 2切れ
にんじん 1/2本
しいたけ 3枚
三つ葉 1/2束
大根おろし 300g
だしの素 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
3カップ
適量

作り方

  1. とうふは8等分に、たらは一口大に切ります。にんじんは厚さ1cmの輪切りにして梅型で抜きます。しいたけは軸を落として斜め3等分、三つ葉は長さ3cmに切ります。
  2. 鍋に分量の水、だしの素、しょうゆ、酒、みりんを入れて中火にかけます。沸騰したら、たら、にんじん、しいたけを入れて弱火で煮ます。にんじんに火が通ったら、とうふと大根おろしを加えてひと煮立ちさせ、塩で味をととのえます。

ワンポイントアドバイス

お好きな具材でお楽しみください。にんじんはお好みの型で抜いたり、輪切りにしても良いでしょう。大根おろし300gは大根約1/3本分です。

とうふともち巾着のキムチ鍋先頭へ

人気のお鍋の一つとしてあげられるキムチ鍋。ピリ辛スープとクリーミーなとうふの相性は抜群です。鍋には木綿とうふを利用することが多いですが、森永とうふは煮崩れしにくいのでお鍋に入れるのもおすすめです。

調理目安時間40分634kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
油揚げ 3枚
切りもち 3個
豚バラ薄切り肉 200g
長ねぎ 1本
にら 1/2束
えのき 1/2株
もやし 100g
キムチ 150g
5カップ
鶏がらスープの素 小さじ1
みそ 大さじ1と1/2
コチュジャン 大さじ1と1/2

作り方

  1. もち巾着を作ります。半分に切った油揚げの中に半分に切ったもちを入れ、ようじで止めます。
  2. とうふは8等分に、豚肉は一口大に切ります。長ねぎは斜め薄切り、にらは長さ4cm、えのきは長さ半分に切ってほぐします。
  3. 鍋に分量の水と鶏がらスープの素を入れて火にかけます。煮立ったらみそとコチュジャンを溶き入れ、もち巾着、とうふ、豚肉、もやし、キムチを加えてアクを取りながら弱火で煮ます。もち巾着がやわらかくなったら長ねぎ、にら、えのき加えてひと煮立ちさせます。

ワンポイントアドバイス

お好みの食材でお楽しみください。

甘酒とうふ鍋先頭へ

甘酒と牛乳で作るつゆが斬新な、あったかとうふ鍋です。旨みが詰まったつゆはとうふとの相性も抜群。家族みんなで楽しめるメニューです。お好みの具材を追加してお召し上がりください。

調理目安時間20分277kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
みず菜 1/2束
しめじ 1パック
ゆずの皮のせん切り 適量
甘酒鍋つゆ  
甘酒(濃縮・無加糖タイプ) 200g
森永のおいしい牛乳 400ml
小さじ1 1/3

作り方

  1. とうふは6等分に、みず菜は長さ5cmに切ります。しめじは小房に分けます。
  2. 土鍋に甘酒鍋つゆの全材料を入れてよく混ぜ合わせてから煮立たせます。とうふ、みず菜、しめじを加えて全体に火が通るまで煮て、ゆずの皮をトッピングします。

ワンポイントアドバイス

お好みでしょうがのすりおろし、小ねぎの小口切り、七味唐辛子を加えてお召し上がりください。

お菓子 先頭へ戻る

冷やしみるくぜんざい先頭へ

とうふで作るもちっとした白玉に、ゆであずきと牛乳の黄金コンビを組み合わせた、簡単ながら満足感のある和風スイーツです。カルダスは普通牛乳に比べて乳脂肪分は低く、カルシウムが豊富。良質なたんぱく質やカルシウムを含むとうふを組み合わせた、栄養面でもうれしいメニューです。

調理目安時間20分317kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1/2丁
白玉粉 100g
ゆであずき(缶詰) 180g
森永カルダス 150ml

作り方

  1. ボールに白玉粉を入れてとうふを加えてよくこね、24等分に丸めます。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、(1)をゆでます。浮き上がってきたら、さらに1〜2分ゆでて冷水にとります。
  3. 器にゆであずきと(2)を盛り付け、森永カルダスを注ぎます。

とうふのみたらし団子先頭へ

もちもちとした食感の団子と、はちみつベースの甘塩っぱいあんが絶妙にマッチしたみたらし団子です。水の代わりに森永絹ごしとうふを使って白玉を作ると、たんぱく質やビタミン、カルシウムもプラスされるので栄養面でも嬉しい一品です。

調理目安時間30分236kcal(1人(6個)分)

材料(3人(18個)分)

森永絹ごしとうふ 1/2丁
白玉粉 100g
みたらしあん  
はちみつ 70g
しょうゆ 大さじ1
水溶き片栗粉 大さじ2

作り方

  1. ボールにとうふと白玉粉を入れてよくこね、18等分に丸めます。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、(1)をゆでます。浮き上がってきたら、さらに1〜2分ゆでて冷水にとります。
  3. みたらしあんを作ります。鍋にはちみつとしょうゆを入れて煮立たせ、沸騰したら水溶き片栗粉を加えてとろみを付けます。
  4. 竹串に団子を3個ずつ刺して器に盛り付け、みたらしあんをかけます。

ワンポイントアドバイス

水溶き片栗粉は、片栗粉:水=大さじ1:2で溶いています。とろみの様子を見ながら量を加減してください。

とうふとかぼちゃのしっとりケーキ先頭へ

季節のかぼちゃが入った、しっとりしたおとうふのケーキです。そのまま食べてもおいしい「森永絹ごしとうふ」ですが、ケーキにしてもやさしい大豆の風味が味わえます。

調理目安時間70分100kcal(※12等分に切った時の1切れ分当たり)

材料(22cm×8cmのパウンド型1台分)

森永絹ごしとうふ 1/2丁
かぼちゃ 250g
砂糖 70g
卵黄 2個分
卵白 2個分
薄力粉 40g
森永北海道バター 40g
粉糖 適量

作り方

  1. かぼちゃは一口大に切って耐熱性の器に入れ、ラップをして電子レンジでやわらかくなるまで約5分加熱します。半分は皮を除いて熱いうちにフォークでつぶし、残りの半分は1cm角に切ります。バターは耐熱性の器に入れ、電子レンジで約20秒加熱して溶かします。
  2. ボールにとうふ、つぶしたかぼちゃ、半量の砂糖、卵黄、溶かしたバター、薄力粉を順に加え、その都度よく混ぜ合わせます。
  3. 別のボールに卵白を入れ、残りの砂糖を2〜3回に分けて加えながら、角が立つまで泡立てます。
  4. (2)に(3)の半量を加えてしっかりと混ぜ、残りの(3)、1cm角に切ったかぼちゃを加えてさっくりと混ぜ合わせます。オーブンペーパーを敷いた型に流し入れ、160℃に温めておいたオーブンで約45分、竹串をさして生地がつかなくなるまで焼きます。
  5. あら熱が取れたら型からはずし、粉糖をふります。

※電子レンジの加熱時間は500ワットを基準としています。
   加熱時間は機種によって異なり、あくまでも目安ですので様子をみながら加熱してください。

やわらか抹茶とうふプリン先頭へ

とうふを使ったヘルシーな抹茶風味のプリンです。クリームを使っていないのにとろりとした口当たりで、なめらかな食感が楽しめます。

調理目安時間20分180kcal(1人分)

材料(約180mlの器3個分)

森永絹ごしとうふ 150g
森永のおいしい牛乳 200ml
抹茶 小さじ2
砂糖 40g
粉末ゼラチン 5g
水(ゼラチン用) 50ml
ゆであずき(缶詰) 60g

作り方

  1. ゼラチンは水にふり入れてふやかし、ラップをしないで電子レンジで約30秒加熱して溶かします。あずきは飾り用に少量取り分けておきます。
  2. ボールに砂糖と抹茶を入れてよく混ぜ、とうふを加えてだまが残らないようにさらによく混ぜます。牛乳を少しずつ加えてその都度なめらかになるまで混ぜ合わせ、(1)のゼラチン液を加えてこし器でこします。
  3. 器の底にあずきを入れて(2)を流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固めます。固まったら飾り用のあずきをのせます。

ワンポイントアドバイス

とうふはだまが残らないようによく混ぜてから、牛乳を少しずつ加えてその都度混ぜ合わせてください。ミキサーを使う場合は、ゼラチン以外の全ての材料を一度に入れて混ぜ合わせ、最後にゼラチン液を加えて混ぜ合わせれば簡単に作れます。

※電子レンジの加熱時間は500ワットを基準としています。
   加熱時間は機種によって異なり、あくまでも目安ですので様子をみながら加熱してください。

とうふのアイスクリーム先頭へ

食後のデザートにピッタリ! 上品なお味のアイスクリームです。

調理目安時間10分306kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
砂糖 80g
森永純乳脂ホイップ 100ml
バニラエッセンス 少々

作り方

  1. ミキサーにとうふ、砂糖を入れて30秒くらい混ぜ合わせます。
  2. (1)を鍋に入れて弱火にかけ、沸騰させないようにかき混ぜて火を通します。
  3. クリームにバニラエッセンスを加えて8分立てにします。
  4. (3)に冷ました(2)を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
  5. 密閉容器に(4)を入れて冷凍庫に入れます。固まりかけたらかき混ぜて冷凍庫に戻します。これを2〜3回くり返して固めます。

ワンポイントアドバイス

できあがったアイスクリームにきな粉や黒みつをかけると和テイストなスイーツに変身♪

とうふの和風グラスレアチーズ先頭へ

とうふを加えたクリームチーズは酸味が少なく、あっさりとした味わいです。惣菜の煮豆をプラスして、和風テイストのチーズデザートが手軽に作れます。

調理目安時間20分275kcal(1人分)

材料(6人分)

森永絹ごしとうふ 150g
フィラデルフィアクリームチーズ 200g
砂糖 40g
カステラ 3切れ
うぐいす豆の甘煮 40g
金時豆の甘煮 40g
黒豆の甘煮 40g
アーモンドスライス 20g

作り方

  1. クリームチーズは室温に戻しておきます。カステラは厚さ半分に切り、食べやすい大きさに切ります。アーモンドスライスはローストします。
  2. ボールにクリームチーズと砂糖を入れて泡立て器でよく練り、とうふを加えてさらによく混ぜ合わせます。
  3. 器にカステラ、(2)、豆類を盛り付け、アーモンドスライスを飾ります。

ワンポイントアドバイス

クリームチーズが固い時は、電子レンジで少し加熱してやわらかくすると混ぜやすくなります。

おもてなしサラダ・やっこ 先頭へ戻る

夏野菜たっぷりとうふサラダ新着♪先頭へ

とうふと夏野菜たっぷりのシンプルなサラダです。暑さで食欲が落ちる夏でもとうふをプラスするとバランスのとれたサラダに!「お料理向き森永とうふ」は小さく切っても崩れにくく、水っぽくなりにくいのでサラダの具材におすすめです。

調理目安時間10分92kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1/2丁
きゅうり 1/2本
トマト 100g
オクラ 2本
市販の和風ドレッシング 大さじ2

作り方

  1. とうふ、きゅうり、トマトは各々1cmの角切りにします。オクラは塩(分量外)で板ずりしてから熱湯でゆで、冷水にとって輪切りにします。
  2. 器に(1)を盛り付け、ドレッシングをかけて仕上げます。

豆腐ときゅうりの中華風和え先頭へ

ごま油が香る、とうふときゅうりのシンプルな和え物です。「お料理向き 森永とうふ」は小さく切っても崩れにくく、水っぽくなりにくいので、和え物やサラダにおすすめです。

調理目安時間10分114kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1/2丁
きゅうり 1本
小さじ1/3
ごま油 大さじ1
いりごま(白) 適量

作り方

  1. とうふは長さ5cmの拍子木切りにし、きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにします。
  2. ボールに(1)、塩、ごま油、いりごまを入れて混ぜ合わせ、器に盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

お好みでラー油をかけてお召し上がりください。

冷しゃぶとキムチのとうふサラダ先頭へ

疲労回復に良いと言われているビタミンB1を豊富に含む豚肉ととうふを使った夏向きのメニューです。キムチのピリッとした辛味が食欲をそそります。

調理目安時間20分156kcal(1人分)

材料(3人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 100g
オクラ 3本
キムチ 70g
しょうゆ 大さじ1/2
ごま油 小さじ1

作り方

  1. 豚肉は熱湯でゆでて水気を切り、細切りにします。オクラは塩(分量外)で板ずりしてから熱湯でゆで、冷水にとって斜め薄切りにします。とうふは12等分に切り、キムチは粗く刻みます。
  2. ボールに豚肉、キムチ、しょうゆ、ごま油を入れて混ぜ合わせます。
  3. とうふに(2)とオクラをのせます。

生ハム巻きやっこ先頭へ

夏バテが気になる方におすすめ!生ハムでビタミンBを補給できます。わさびとオリーブオイルがとうふのおいしさをより引きたててくれます。

調理目安時間5分183kcal(1人分)

材料(2人分)

お料理向き 森永とうふ 1丁
生ハム 8枚
チューブわさび 少量
オリーブオイル 適量

作り方

  1. とうふは1丁を8等分の棒状に切り、生ハムを巻いて器に盛ります。
  2. わさびをトッピングしオリーブオイルをかけます。

ワンポイントアドバイス

わさびの代わりに、しょうがもおすすめです。かけるソースを工夫すると 味のバリエーションが楽しめます。イタリアンドレッシングや中華ドレッシングもおすすめ。

ふわふわアレンジ 先頭へ戻る

ふわふわとうふの作り方

  • 1.とうふを開ける
  • 2.スプーンですくって…
  • 3.盛り付ければOK!

イタリア風オリーブオイルと塩やっこ先頭へ

岩塩とオリーブオイルがとうふとコラボレーション♪ 新感覚の絶品やっこです!

調理目安時間5分82kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
ミニトマト 3個
岩塩 適量
黒こしょう 適量
オリーブオイル 適量
バジル お好み

作り方

  1. とうふを一口ずつすくって器に盛り付けます。
  2. ミニトマトを2つに切って、器に飾ります。
  3. 岩塩・黒こしょうを振り、オリーブ油を回しかけます。
  4. バジルを添えてできあがり。

ワンポイントアドバイス

見た目にもおいしいカジュアルなイタリア風レシピ。オリーブオイルでツヤっツヤに♪

ごまふわとうふ先頭へ

ごまの香りで食欲促進! 一度食べたらやみつきになるおいしさです☆

調理目安時間5分131kcal(1人分)

材料(3人分)

森永絹ごしとうふ 1丁
ごまドレッシング 適量
くるみ(ピーナッツやアーモンドもOK) お好み

作り方

  1. スプーンですくったとうふをお皿に盛り付けます。
  2. くるみを飾りつけ、その上からごまドレッシングをかけてできあがり。

ワンポイントアドバイス

たんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンB群といった栄養がぎっしり詰まっているごまが若々しさをサポート!

台湾風黒みつがけ豆花(トウファ)先頭へ

思わず顔がほころぶ♪ とうふのアジアンスイーツです。

調理目安時間5分180kcal(1人分)

材料(2人分)

森永絹ごしとうふ 1/2丁
黒豆 お好み
きな粉 お好み
黒みつ(市販品) 大さじ2
抹茶 お好み

作り方

  1. よく冷やしておいたとうふを大きいスプーンですくい、器に盛り付けます。
  2. 黒まめときな粉をトッピングします。
  3. 上から黒みつをかけます。
  4. 抹茶をふって飾ればできあがり。

ワンポイントアドバイス

ミネラルたっぷりの黒みつでココロもカラダもハッピーになれる、アジアンテイストのおもてなしデザートに変身!

簡単!時短デザート!

おしゃれな器に盛って、黒みつをかけるだけでデザートに早変わり!

  • ご注文はこちらから