メニュー

宅配ミルク森永乳業の宅配サービス

森永乳業の健康素材について

ラクトフェリン

  1. ラクトフェリンは多くの哺乳動物の乳に含まれており、ヒトの母乳、特に出産後数日の間に多く分泌される初乳に最も多く含まれているたんぱく質の一種です。ラクトフェリンは「ラクト=乳」の中の、「フェリン=鉄を結合するたんぱく質」ということから名付けられました。その名の通り鉄を結合する力が非常に強く、この性質により細菌などの増殖を抑制することが知られています。

    ラクトフェリンと森永乳業の研究
    ラクトフェリンについて、もっと詳しく知りたい方はコチラ

ビフィズス菌先頭へ

  1. ビフィズス菌は赤ちゃんの腸内から発見された、人の腸内環境を整える善玉菌の代表選手です。
    ビフィズス菌のもっとも大きな特徴は、ヒトの腸内に最も多くすんでいる有用な菌であることです。ヒトの腸内では1〜10兆のビフィズス菌がすんでいますがビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。
    特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

    ビフィズス菌
    ビフィズス菌について、もっと詳しく知りたい方はコチラ

シールド乳酸菌先頭へ

  1. 「健康力を高める」をキーワードに森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌です。
    免疫細胞の多くは腸内に存在し、摂取した乳酸菌が免疫に作用することが示唆されています。
    様々な乳酸菌と免疫細胞を用いた実験で、免疫の活性化に関わるたんぱく質の産生の誘導性について調べたところ、シールド乳酸菌が他の乳酸菌に比べ働きが高いことが分かりました。

    シールド乳酸菌
    シールド乳酸菌について、もっと詳しく知りたい方はコチラ